車を売却する時に必要な書類

こんにちは。このブログでは車買取に役立つ情報を書いていきますので、これから車を売却しようとお考えの方の参考になると嬉しいです!

今回は車の売却に必要な書類について。車を売却する時には、いくつかの書類が必要となります。これらを事前に用意しておくことで、車の買取手続きはスムーズに行えます。

車を売却する時に必要な書類をご紹介いたします。

自動車検査証(車検証)

車を売却する時には普通車や軽自動車を問わず自動車検査証(車検証)が必要です。ダッシュボードなどに仕舞っている人が多いと思いますが、紛失した場合は運輸支局で再発行してもらいます。

自動車納税証明書

毎年5月に届く自動車税の納税証明書です。自動車税、あるいは軽自動車税が納められていることを証明する書類で、新たに車検を取得する時にも必要です。納税証明書には有効期限があるのでこれにも注意が必要です。紛失した場合は各都道府県の税事務所で再発行してもらえますので車買取業者に相談しましょう。

自賠責保険証明書

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の保険証明書も必要です。車検証と一緒に保管されている場合が多いです。紛失した場合は保険会社に再発行してもらう必要がありますので、車買取業者に相談しましょう。

リサイクル券

リサイクル料を支払った事を証明する書類です。こちらも車検証と一緒に保管されている可能性が高いものです。紛失した場合は、自動車リサイクルシステムのホームページから『自動車リサイクル料金の預託状況』を印刷すると、その書面がリサイクル券の代替となります。

実印、印鑑証明書

車の売買には実印が必要になります。発行されてから3か月以内の印鑑証明書を用意します。役所に届けてある印鑑証明書も発行します。

その他の書類

その他には、委任状や譲渡証明書が必要ですが、車買取業者で用意してくれることが普通です。念のため事前に確認したほうがいいでしょう。

また、車検証の住所と現住所が異なる場合には住民票が必要で、車検証の氏名と今の氏名が異なる場合には戸籍謄本が必要になります。

以上が車を売るときに必要な書類です。車を査定してもらい、いざ売却するとなったときに必要書類がないと改めて査定をやり直すことになる場合がありますので、車査定する前に書類があるか確認すると良いと思います!